So-net無料ブログ作成
検索選択

さよならアンパンマン [日記]

スポンサーリンク




アンパンマンの生みの親である、やなせたかしさんが亡くなってからもう一月近くが立ちました。
アンパンマンと言えば、小さな子供の頃から身近にあったヒーローですね。

やなせたかしさんは、アンパンマンだけでなく色んな絵本も手掛けていて皆さんも
知らず知らずのうちに読んでいたかもしれませんね。
宮崎駿監督の引退など、私達の心に残る名作を作り出してくれた人達が第一線を去るのは寂しい事です。

あのアンパンマンですが、初期の絵本では
スラリと背も高くて私達が知っている丸顔よりも大人顔だったんですよ。
「子供の目線のヒーローにしたい」と今の愛くるしいアンパンマンの姿になったようです。

アンパンマンにも、人とのふれ合いや優しさ、思いやる気持ちなどが入った話がたくさんありますが、
やなせたかしさんの作品はどれも命の大切さと人を思いやる心を
小さな子供達だけでなく大人をも揺さぶります。

かなりの高齢でいらっしゃいましたが、少年の心でいつまでも夢溢れる作品を次々と書いていました。
絵本は子供が読むものではなく、本来は私達大人が
読んで忘れていた心を思い出す為のものではないかと思うのです。

アンパンマンは私達の永遠のヒーローですが、やなせたかしさんは
日本が生んだ芸術家だったと私は思っています。






スポンサーリンク



nice!(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。